頸椎椎間板ヘルニアは早期治療が大切|痺れの症状が出たら要注意

病院

椎間板に見られる疾患

男女

椎骨と椎間板の特徴

背骨は椎骨という骨が連なってできています。椎骨と椎骨の間には椎間板が存在します。椎骨は全部で24個あり、その全ての間に椎間板があります。椎間板は椎骨にかかる負荷や衝撃を和らげるためのクッションの役割を果たす線維輪軟骨というものです。中心には髄核があります。また、脊椎の安定性の維持にも役立っています。椎間板に見られる疾患として最も有名なのが椎間板ヘルニアです。そして、頚部に起きた椎間板ヘルニアを頸椎椎間板ヘルニアと言います。頸椎椎間板ヘルニアは40代や50代に多く発症します。頸椎は全部で7個ありますが、その中でも4番、5番、6番に発症しやすいと言われています。これらは頚椎の中でも特に動きの大きい部位になります。

治療

頸椎椎間板ヘルニアを発症すると、首や背中の痛み、肩こりなどが現れます。時に、電気が走ったような瞬間的な痛みを感じることもあります。頸椎椎間板ヘルニアによって神経の圧迫が生じている場合には、痺れや運動障害が起こることもあり、日常生活に支障をきたすようになります。適切な処置を行わずに放置してしまうと更に症状が悪化します。頸椎椎間板ヘルニアに対しては、主に保存療法が選択されます。症状問わず行われるのは安静です。首を動かすことで痛みや痺れが強くなるためです。状況に応じて、固定、牽引、薬物療法などが行われます。症状が強く現れている場合は薬物療法が行われることが多くなります。消炎鎮痛剤や神経ブロックなどが用いられます。保存療法によって改善が見られない場合や、保存療法では改善が見込まれないと判断された場合には、手術が適用されます。神経や血管を傷つけるリスクがあることを念頭においておかなければなりません。