頸椎椎間板ヘルニアは早期治療が大切|痺れの症状が出たら要注意

病院

椎間板ヘルニアの治療法は

man and woman

首や腕の痛みの原因は

首から腕にかけてビリッと電気が走るような痛みを感じることがあります。これは頸椎椎間板ヘルニアの症状かもしれません。首の骨である頸椎は7枚が重なり合う構造をしており、その間にはクッションの役割を果たす椎間板と呼ばれるものが挟まっています。この椎間板が何らかの原因で飛び出してしまうのが頸椎椎間板ヘルニアです。このような状態になると飛び出した椎間板が神経に当たってしまい、神経が本来持つ機能を果たしづらくなってしまいます。そのため神経から出される情報が異常をきたし、首の痛みやしびれ、感覚異常、筋力低下などの形をとって身体に現れるのです。このような症状が現れるようになると、首や腕を使用する日常生活のあらゆる場面で影響がでてしまいます。

椎間板ヘルニアの治療法は

頸椎椎間板ヘルニアになると手術が必要になるというイメージがあります。もちろん日常生活を送れなくなるほどの重度の症状であれば、手術という治療法も選択せざるをえません。ただそれほどひどい症状でない場合は、日常生活の改善で症状の悪化を防ぐことは可能です。たとえば首や腕の負担をかける無理な動作を避けたり、首や肩の凝りを解消するストレッチを日常的に行うのはいい方法です。どうしても痛みが引かない場合は湿布などの鎮痛剤も上手く利用しましょう。病院で治療を受ける場合は手術もしくは保存療法を行うことになりますが、どちらの治療法を受けるにせよ、頸椎椎間板ヘルニアの治療は高度な知識と技術が必要ですので、信頼できる病院選びが重要になります。