頸椎椎間板ヘルニアは早期治療が大切|痺れの症状が出たら要注意

病院

腰の痛み手足にしびれ

female

どの様な原因で

頸椎椎間板ヘルニアとは、腰にある椎骨と椎骨の間に椎間板というゼラチンをかたくしたような軟骨があります。そこが何らかのせいで、変形するか飛び出してしまう事です。原因は、先天性遺伝この場合には、経過を見ながら処置をしていきます。次は、生活環境によるものです。長年同じような恰好で、仕事をしていた。または無理な恰好の作業が多い。重い物をよく持つなどが原因で、椎間板が変形してしまったのです。もう一つは、加齢によるものです。これも、高齢の人には、発症しません。ほとんどが20〜50歳の男女問わず発症してしまいます。症状としては、腰や足に激しい痛みそして手や足のしびれなどがあります。頸椎椎間板ヘルニアなのです。

治療方法は

どの様にして、治していけば良いのでしょう。頸椎椎間板ヘルニアにかっかてしまっても、80〜85%の方達は、自然に治ってしまうものです。しびれなどが酷い場合には、病院に行くことになりますが、病院では、まず薬物投与やコルセットを使って様子を見る事から始めます。あとは、かるいい頸椎椎間板ヘルニアに良いと言われている、体操なども現在では、多く摂り入れています。今では少し、以前とは考え方が変わってきています。あまりひどい場合以外は、手術をしなくなりました。しかし椎間板が、大きく飛び出していたり変形、つぶれが多き場合には、手術という事になります。もう一つは、頸椎椎間板ヘルニアになる人は、腸が悪い人が、多いとも言われています。