頸椎椎間板ヘルニアは早期治療が大切|痺れの症状が出たら要注意

看護師

首も椎間板ヘルニアに注意

woman

手が動かなくなることも

椎間板ヘルニアといえば一般的には腰痛をもたらす病気というイメージがありますが、実は首のあたりに症状が出ることもあります。それが頸椎椎間板ヘルニアです。椎間板とは椎骨の間にある軟骨組織で、外側は硬い組織におおわれていますが内側は髄核と呼ばれるゼリー状の物質で満たされています。この髄核が外に飛び出して神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアで、それが腰椎に起これば腰椎椎間板ヘルニア、頸椎に起これば頸椎椎間板ヘルニアとなります。頸椎椎間板ヘルニアは軽度の場合は普通の肩こりや寝違えと間違える程度の症状しかありませんが、進行すると手のしびれ・握力の低下・頭痛・耳鳴りなどさまざまな障害が発生します。異変を感じたときは早めに専門医の診断を受けるのが賢明です。

治療は安静を保つのが肝心

頸椎椎間板ヘルニアの治療にはいくつかの種類がありますが、まずは安静を保つことが重要です。必要に応じてカラーで首を固定したり、消炎鎮痛剤を利用したりして様子を見ていると、自然に治癒することがあります。マッサージや整体なども効果がありますが、症状の程度によってはむしろ悪化させてしまうこともあるので、あくまでも医師の指示に従って治療を進めていく必要があります。手の運動機能に障害が出るなど日常生活に支障が生じるほどの病態であれば、外科手術によってヘルニアを摘出する治療法が選択されることもあります。最近では内視鏡を用いたPECDと呼ばれる手術法やレーザーを用いたPLDDと呼ばれる手術法などが普及しており、従来よりも身体への負担が軽い治療法として人気を呼んでいます。

椎間板に見られる疾患

男女

頸椎椎間板ヘルニアは頸椎4番、5番、6番に多く発生する疾患です。40代や50代で多発します。治療は主に保存療法が行われます。安静、固定、牽引、薬物療法などになります。保存療法で改善が見込まれない場合には手術が行われます。

詳細へ

腰の痛み手足にしびれ

female

頸椎椎間板ヘルニアは、先天性のものと後天性のものがあります。後天性のものは、生活環境が原因になっていることがほとんどです。そして、加齢も原因の一つとされています。症状が進むと、腰や足、手に痛みを伴ってきます。なので、初期の段階で医療機関を受診しましょう。

詳細へ

椎間板ヘルニアの治療法は

man and woman

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎のクッション機能を果たす椎間板が飛び出して神経を圧迫する症状です。治療には手術や保存療法がありますが、いずれを選択するにせよ医療技術と信頼度の高い病院を選ぶことが重要になります。

詳細へ